虫歯や歯槽膿漏の予防

虫歯の予防の今後の動向

歯科

歯医者の中には、虫歯や歯槽膿漏などの治療だけでなく、虫歯の予防に特化した診療を行っている予防歯科の診療科目がある。予防歯科は東京や大阪などの大都市だけでなく、岐阜県大垣市のような地方都市でも数多くある。一度虫歯になってしまったら、その歯は二度と元通りにはならない。歯槽膿漏になると健康な歯も抜け落ちてしまう場合がある。虫歯や歯槽膿漏を防ぐ予防歯科の重要性は非常に高くなっており、今後も重要性はますます高まると予測される。大垣市の予防歯科は、患者に対して歯の定期管理の大切さを訴えている。定期管理を徹底させることによって、虫歯や歯槽膿漏を早期発見することができ、早期治療が可能になる。今後も歯の定期管理が徹底されることにより、虫歯や歯槽膿漏の患者を減らすことに貢献すると見込まれる。

虫歯の予防の豆知識

歯垢などによって歯の表面が溶けることが、虫歯になる大きな原因である。虫歯を予防するためには、歯を強化することが必要になる。歯の表面にフッ素塗布を施すことにより、歯のエナメル質が強化され、虫歯予防につながる。大垣市の予防歯科では、フッ素塗布の治療を行っている。フッ素塗布は子供でも可能であるため、大垣市の小児歯科でもフッ素塗布をしてもらうことができる。フッ素塗布は早めにするとより効果的であるので、子供のうちにフッ素塗布をすることが望ましい。最近はフッ素を配合した歯磨き粉も市販されている。このような歯磨き粉を使って歯を磨くことも虫歯の予防に貢献する。大垣市の予防歯科では、フッ素入りの歯磨き粉の販売も行っている。